せっかくのローソファー!広い視野が確保できるレイアウトが大切

低めインテリアで統一

文字通りローソファーとは低いソファーのことであり、通常タイプと比べると圧迫感を受けにくいのが大きな特徴となっています。その特性を活かすためのポイントのひとつが、低めのインテリアでまとめることです。せっかくソファーの背丈が抑えられているにもかかわらず、周りのインテリアの背が高いと圧迫感が強まってしまいますよね。高低差があると相対的に視界の妨げにもなりやすいため、視界が広がるどころか見通しの悪い部屋になってしまうことも考えられます。全体のインテリアの高さを下げるようにすれば、視界の広がりを向上できると共に、上方の空間にもゆとりが生まれますので、ソファーの設置でありがちな空間を狭く感じるデメリットも感じにくくなるでしょう。

壁側に配置をしてみる

ローソファーは背が低いため、部屋の中心においても邪魔になりにくいという強みがあります。インテリアの主役としてど真ん中におくのも便利な活用法ですが、もっと視界を広く見せたい場合は壁側にピタッとくっつけてしまうのもアリと言えるでしょう。配置場所で部屋の見え方はまるで違ってくるもので、壁に寄り添うように配置をするとソファーの存在感を最小に抑えることができます。ことローソファーは低い作りという特性上、床と壁との一体感が生まれやすく、溶け込むように部屋に馴染んでくれることでしょう。置き場所に工夫をすれば広さのないワンルームでも便利に使えるようになりますので、一人暮らしでソファーを置いてみたいという人にもおすすめですよ。

© Copyright Low Sofa Points. All Rights Reserved.