生活スタイルに合わせて配置を考える

ローソファーでキッチンとリビングの空間を分割する方法

リビングとダイニングの空間を分けて、それぞれの場所を独立させたいときは、ダイニングテーブルを背にローソファーを配置するセパレートレイアウトという方法があります。セパレートレイアウトのメリットは、リビング、ダイニングと空間を分割することで、目的に合った行動がしやすいところです。

ダイニングは家族との食事や会話をする空間として、リビングはローソファで読書をしたり、テレビを見たりするくつろぎの空間として活用できるので、生活にもメリハリが生まれます。またリビング、ダイニングのそれぞれの場所の様子も気にならず、心おきなく自分のしたいことに集中できます。ローソファーのセパレートレイアウトでダイニングとリビングを分割しても、決してそれぞれの空間が孤立するわけではありません。ローソファーは背が低いため視覚を遮らず、それぞれの場所にいてもコミュニケーションを図りやすいのが特徴です。

オープンレイアウトなら大人数の来客にも対応できる

ママ友や子供のお友達、親戚など、大人数で家に訪問してくる機会がある場合、大人数の来客に対応できるように、なるべくなら部屋の空間を広く確保したいですよね。そのような願いを叶えてくれる配置が、ローソファーを壁面に置くオープンレイアウトです。ローソファーを壁面に置いたオープンレイアウトなら、真ん中にテーブルを置いて大人数で食事をすることもでき、食事が済んだらテーブルを片付けて、広々とした空間でみんなでゲームをすることもできます。

また、小さい子供の居る家庭では、動き回る元気なお子さんに合わせて部屋のスペースを広くとることもできます。ローソファーのオープンレイアウトはキッチンに向かって置くと、キッチンからリビングの様子がわかり、キッチンに対して垂直に置くと、雑多なキッチンに対して訪問客の視界が逸れるメリットがあります。自分の好みに合わせてローソファーの配置をしましょう。

ローソファーの通販では好みのデザインを探すことができます。店頭よりも品揃えが豊富なので選択肢も増えるでしょう。

© Copyright Low Sofa Points. All Rights Reserved.